女たちの荷風

松本哉 著

夜の疲れを引きずったままの朝の女郎衆を見て、「あれが美しく見えなくちゃあ、小説は書けませんぜえ」と荷風は言ってのけた。奔放なことで有名な荷風の女性関係だが、著者は当時の資料に丁寧にあたりその虚実に迫る。また、引用とともに男女の様が生き生きと蘇る。荷風自身が記した「愛人一覧表」の16人はもとより、それ以外の女性も多数登場。十人十色、百人百色。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • めざめのころ
  • 深川の恋
  • 異国で別れた女
  • 二度の結婚と離婚
  • 人騒がせな「文学芸者」
  • 男の後悔
  • 性懲りもなく
  • 終生の愛人と男の夢
  • 墨東の女たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女たちの荷風
著作者等 松本 哉
書名ヨミ オンナタチ ノ カフウ
シリーズ名 ちくま文庫 ま36-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.6
ページ数 350p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42608-6
NCID BA90406356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21639632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想