世界恐慌と経済政策 : 「開放小国」日本の経験と現代

鎮目雅人 著

80年前の経験と教訓は現代にどう活かせるか。「高橋財政」で知られる世界恐慌期日本のマクロ経済政策を、統計データと近代経済学の手法を駆使して分析した数量経済史研究の画期的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 両大戦間期日本の経済運営と現代
  • 第2章 為替レート政策と金融政策運営上の制約
  • 第3章 民間経済主体の予想形成
  • 第4章 「高橋財政」と財政規律
  • 第5章 世界恐慌下における開放小国日本のマクロ経済政策
  • 第6章 現代へのメッセージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界恐慌と経済政策 : 「開放小国」日本の経験と現代
著作者等 鎮目 雅人
書名ヨミ セカイ キョウコウ ト ケイザイ セイサク : カイホウ ショウコク ニホン ノ ケイケン ト ゲンダイ
書名別名 Sekai kyoko to keizai seisaku
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.6
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-532-13370-2
NCID BA90399840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21618892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想