考古学からみた倭国

白石太一郎 著

古墳の出現=倭国の生成から、古墳の終焉=律令国家の成立へ。古墳研究の第一人者が、日本列島における国家形成過程と古代王権の実像を、東アジア世界の変動のなかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倭国の形成と展開
  • 1 古墳時代の社会
  • 2 古墳からみたヤマト王権
  • 3 古墳時代の対外関係と渡来文化
  • 4 古墳の終末の意味するもの
  • 付論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学からみた倭国
著作者等 白石 太一郎
書名ヨミ コウコガク カラ ミタ ワコク
出版元 青木書店
刊行年月 2009.6
ページ数 557p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-250-20912-3
NCID BA90396922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21692694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想