続明暗

水村美苗 著

漱石の死とともに未完に終わった『明暗』-津田が、新妻のお延をいつわり、かつての恋人清子に会おうと温泉へと旅立った所で絶筆となった。東京に残されたお延、温泉場で再会した津田と清子はいったいどうなるのか。日本近代文学の最高峰が、今ここに完結を迎える。漱石の文体そのままで綴られて話題をよび、すでに古典となった作品。芸術選奨新人賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 続明暗
著作者等 水村 美苗
書名ヨミ ゾク メイアン
シリーズ名 ちくま文庫 み25-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.6
ページ数 417p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42609-3
NCID BA90391430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21638943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想