イワシと気候変動

川崎健 著

大漁・不漁を左右する海の魚の数は、地球の大気や海と連動して数十年スケールで変動していた-この「レジーム・シフト」を著書は一九八三年、世界で初めて見いだした。九〇年代以降、世界的に大きく進展した研究成果を踏まえ、これからの海と海洋生物資源の持続的利用のあり方に明確な方向性を示す。新しい地球環境観への誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 海と漁業で何が起こっているのか
  • 第1章 イワシが消えた
  • 第2章 プランクトンからマグロまで-海洋生態系の大変動
  • 第3章 海は気候を記憶する
  • 第4章 地球はひとつのシステム
  • 第5章 分断された海で-国連海洋法条約と漁業
  • 第6章 日本の漁業はいま
  • 終章 海から、持続可能性を考える-温暖化とレジーム・シフト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イワシと気候変動
著作者等 川崎 健
書名ヨミ イワシ ト キコウ ヘンドウ : ギョギョウ ノ ミライ オ カンガエル
書名別名 漁業の未来を考える
シリーズ名 岩波新書 新赤版1192
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.6
ページ数 198, 13p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431192-8
NCID BA90375944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21628358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想