日本の心理臨床  2

矢永 由里子【著】

[目次]

  • 第1部 病と心理臨床(ひとつの病が意味するもの-「たかがHIV、されどHIV」
  • 医療における心理臨床-鍵となる概念)
  • 第2部 心理臨床の深まり(病と向き合う-告知の場面について
  • 病とともに生きるということ
  • 患者が死を意識するとき
  • 患者の死後の遺族について
  • 心理臨床を深めて)
  • 第3部 心理臨床の広がり(チーム医療-その試みと課題
  • 心理臨床とコミュニティ
  • 今後に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の心理臨床
著作者等 矢永 由里子
書名ヨミ ニホン ノ シンリ リンショウ
書名別名 医療と心理臨床 : HIV感染症へのアプローチ
巻冊次 2
出版元 誠信書房
刊行年月 2009.6
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-414-41315-1
NCID BA90368789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想