ソクラテスの弁明 : 関西弁訳

プラトン 著 ; 北口裕康 訳

これって落語?それとも哲学?生きることの意味、善と悪、国家と法、死の捉え方…賢人ソクラテスのメッセージが、生きた言葉として、いま私たちに届きます。でも、なんで関西弁!?哲学書の限界を超えた面白さ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソクラテスの弁明
  • 「弁明」から「クリトン」まで
  • クリトン
  • 「クリトン」その後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソクラテスの弁明 : 関西弁訳
著作者等 Plato
北口 裕康
プラトン
書名ヨミ ソクラテス ノ ベンメイ : カンサイベンヤク
出版元 パルコエンタテインメント事業局出版担当
刊行年月 2009.5
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-89194-798-9
NCID BA9034124X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想