黒龍江への旅

高野悦子 著

岩波ホール総支配人・高野悦子氏が、満鉄に勤務した父の死後、父が鉄道を敷設してまわった旧満州の地を旅した印象を書きとめた紀行文。大連、大石橋、瀋陽、吉林、哈爾濱、そして国境の町・黒河…。訪れた各地での人々との触れあい、少女時代を過ごした思い出、父から語られた話などが織りこまれ、味わい深い文章で綴られた詩情あふれる紀行エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 于先生の手紙
  • 東京-旅立ちまで
  • 大連-砂浜に書く父の名
  • 大石橋-幻の生家はどこに
  • 瀋陽-北の都に誉れあれ
  • 撫順-黒ダイヤの露天堀り
  • 吉林-瀋海線に雉を撃つ
  • 哈爾濱-満月に流れる松花江
  • 黒河-凍土を踏んで国境へ
  • 斉斉哈爾-丹頂鶴が地平線を飛ぶ
  • 錦州-白コーリャンと古塔の町
  • 東京-朝夕に禍福あり
  • ひとはみな兄弟となる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒龍江への旅
著作者等 高野 悦子
書名ヨミ コクリュウコウ エノ タビ
書名別名 Kokuryuko eno tabi
シリーズ名 岩波現代文庫 B152
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.6
ページ数 433p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602152-8
NCID BA9033179X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21624853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想