太宰治『人間失格』を読み直す

松本和也 著

"人間"とは何か?"物語"とは何か?『人間失格』における物語の構造、そして「人間」という概念の意味を、六〇年をへて新たにときほぐす書き下し評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『人間失格』をめぐる太宰治の現在
  • 第1章 "現代に甦った新作"、太宰治『人間失格』
  • 第2章 『人間失格』成立まで-古田晁・入院体験・「人間」
  • 第3章 太宰治の退場(情死)と『人間失格』の登場
  • 第4章 言語表現としての『人間失格』-構造・予言・主題
  • 第5章 『人間失格』が生きた戦後-抵抗概念としての"人間"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治『人間失格』を読み直す
著作者等 松本 和也
書名ヨミ ダザイ オサム ニンゲン シッカク オ ヨミナオス
書名別名 Dazai osamu ningen shikkaku o yominaosu
シリーズ名 人間失格
水声文庫
出版元 水声社
刊行年月 2009.6
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89176-731-0
NCID BA90321876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21615858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想