新エディターシップ

外山滋比古 著

本書は、人間がつね日ごろ何気なく行なっている知的活動の原理を"エディターシップ"と名づけ、そのすぐれて創造的な機能を明らかにしたユニークな"編集=文化論"である。この原理は近代文化の利器である"分析"に対抗しつつ、相補的な役割を果たし、「切る・分かつ」より「結ぶ・つなぐ」ことに目を向ける、旧版の二章を改稿して、統合作用による文化創造の原理をより鮮明にした決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミドルマン
  • エディター
  • 見つけて育てる
  • アンソロジー
  • 変化の論理
  • 統合の傾向
  • コンテクスト
  • つなぎ
  • アイロニーの三角形
  • 二次的創造
  • 結ぶ
  • 桃太郎
  • 関係価値
  • 編集人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新エディターシップ
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ シン エディターシップ
出版元 みすず書房
刊行年月 2009.5
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07469-4
NCID BA90285477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600089
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想