北政所と淀殿 : 豊臣家を守ろうとした妻たち

小和田哲男 著

太閤秀吉の妻=北政所と淀殿の確執が、豊臣家を滅亡させたのは真実か。北政所の役割や諸大名との関わり、秀頼の母としての淀殿に注目。大坂の陣までの二人の動向から、近年見直されつつある"女の戦争"の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秀吉と出会うまでの二人
  • 秀吉の天下統一と北政所の役割
  • 鶴松を生む淀殿と鶴松の死
  • 秀頼の誕生と秀次事件
  • 関ヶ原の戦いとその後の二人
  • 大坂の陣での淀殿と高台院

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北政所と淀殿 : 豊臣家を守ろうとした妻たち
著作者等 小和田 哲男
書名ヨミ キタ ノ マンドコロ ト ヨドドノ : トヨトミケ オ マモロウ ト シタ ツマタチ
書名別名 Kita no mandokoro to yododono
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 274
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.6
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05674-8
NCID BA90281895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21615231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想