天下人の一級史料 : 秀吉文書の真実

山本博文 著

なぜ、テレビや小説は歴史を創作するのか。なぜ、教科書には書かれない歴史があるのか。だから、一級史料にだけ刻まれた歴史に触れてみたい。史料だけが知っている本物の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 刀狩令(島津家文書の二通の刀狩令
  • さまざまな刀狩令
  • 刀狩令の収蔵状況
  • 刀狩令の広がり
  • 基本法令となった刀狩令)
  • 第2講 「人掃令」と「身分法令」(秀次「人掃令」原本の確定
  • 二通の「人掃令」?
  • 秀吉「身分法令」の本質
  • 「人掃令」をめぐる論争の意義)
  • 第3講 バテレン追放令(バテレン追放令の解釈
  • バテレン追放令の伝達
  • バテレン追放令の国内への布達
  • もう一つの「キリシタン禁令」)
  • 第4講 豊臣政権の「取次」と奉行(豊臣政権の「取次」と「指南」
  • 「御取次之筋目」とはなにか五大老・五奉行制をめぐって)
  • 補講 「直江状」の真偽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下人の一級史料 : 秀吉文書の真実
著作者等 山本 博文
書名ヨミ テンカビト ノ 1キュウ シリョウ : ヒデヨシ モンジョ ノ シンジツ
出版元 柏書房
刊行年月 2009.6
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-3556-1
NCID BA90275473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21620793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想