アメリカン・テロル

下河辺美知子 編著

テロという現象の重層性にせまる12の論点!21世紀世界におけるアメリカ文化への洞察をもとに恐怖の連鎖をよみとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史にひそむ恐怖(シンパシーと恐怖-チャールズ・ブロックデン・ブラウン『エドガー・ハントリー』論
  • 失われた歴史のテロル-ディートリッヒ・ニッカーボッカーのニューヨーク探索 ほか)
  • 第2部 戦争と恐怖(『目覚め』のテロル-ケイト・ショパンと二つの戦争
  • 恐怖の古層-戦争物語と極私性)
  • 第3部 恐怖の数々はジャンルに宿る(「死」を生かすための写真術-『七破風の屋敷』における再現・表象
  • ハリウッド・ゴシック-一九三〇年代のホラー映画に見る恐怖の構造 ほか)
  • 第4部 共同体の中で恐怖について語ること(テロリストである可能性への恐怖-「内包」と全体主義の密やかな関係
  • Games People Play-『八月の光』におけるジョーと南部の権力ゲーム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカン・テロル
著作者等 下河辺 美知子
書名ヨミ アメリカン テロル : ウチナル テキ ト キョウフ ノ レンサ
書名別名 American terror

内なる敵と恐怖の連鎖
シリーズ名 成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書
出版元 彩流社
刊行年月 2009.6
ページ数 302, 14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1436-6
NCID BA90269459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21611300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想