ル・コルビュジエ : 近代建築を広報した男

暮沢剛巳 著

20世紀最大の建築家と呼ばれる、ル・コルビュジエ。2009年6月現在、フランス政府は各国と連携をはかり、その建築作品の一括世界遺産登録に向け、全精力を注ぐ。その中には日本で唯一の作品、国立西洋美術館も含まれる。フランス建築界でスターダムに上り詰めたル・コルビュジエは、早くも大正期には日本に紹介され、前川國男、丹下健三ら日本を代表する近代建築家に多大な影響力を及ぼした。「ドミノ・システム」「近代建築の5原則」「住宅は住むための機械」を標榜、建築同様、熱心に取り組んだメディア戦略で自らを近代化のシンボルとした巨匠。「近代建築を広報した男」ル・コルビュジエの、建築、アート、デザインの創造の軌跡を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ル・コルビュジエとは誰か-その生涯
  • 第2章 近代建築を広報した男-ル・コルビュジエとメディア(1)
  • 第3章 もうひとつの顔-画家としてのル・コルビュジエ
  • 第4章 音楽・写真・ジェンダー・自動車と飛行機-ル・コルビュジエとメディア(2)
  • 第5章 ル・コルビュジエと美術館
  • 第6章 ル・コルビュジエと日本
  • 第7章 世界のなかのル・コルビュジエ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ル・コルビュジエ : 近代建築を広報した男
著作者等 暮沢 剛巳
書名ヨミ ル コルビュジエ : キンダイ ケンチク オ コウホウシタ オトコ
シリーズ名 朝日選書 856
出版元 朝日新聞
刊行年月 2009.6
ページ数 246, 24p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259956-8
NCID BA90253889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21617026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想