東アジアが読む村上春樹 : 東京大学文学部中国文学科国際共同研究

藤井省三 編

東京大学文学部中国文学科では2005年以来四年間にわたり東アジアと村上に関する共同研究を行い、中国・香港・台湾・シンガポール・韓国・マレーシア・アメリカそして日本の文学研究者を招請し、ワークショップとシンポジウムを開催した。本書はその報告書であり、東アジアの村上受容を東アジア各地の訳者や読者の視点から描き出すものである。また村上文学における東アジア史の記憶について日本の研究者の視点から論じるいっぽうで、アメリカにおける村上受容を参照軸として設定してもいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韓国における村上春樹の受容とそのコンテクスト
  • 台湾人の村上春樹-「文化翻訳」としての村上春樹現象
  • 知識生産の領域と村上春樹の香港における普及
  • 文学翻訳と翻訳文学-中国大陸における村上文学の翻訳と受容をめぐって
  • 中国版『ダンス・ダンス・ダンス』の版本研究-村上春樹の翻訳における受容と変容
  • 中国において村上春樹と大江健三郎を考察する
  • 繰言あるいは逆写-シンガポールの村上春樹現象に関して
  • マレーシアにおける村上文学の受容-中国語メディアを中心とする考察
  • アメリカの村上・村上のアメリカ-文学翻訳と文化翻訳
  • 『海辺のカフカ』は日本でどう読まれたか-カフカ少年と『少年カフカ』
  • 100%の村上春樹に出会う
  • 闘士としての村上春樹-東アジアで充分に重要視されていない村上文学の東アジア的視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアが読む村上春樹 : 東京大学文学部中国文学科国際共同研究
著作者等 Kleeman, Faye Yuan
島村 輝
張 明敏
林 少華
葉 蕙
藤井 省三
许 金龙
頼 明珠
于 桂玲
呉 耀宗
明田川 聡士
松崎 寛子
楊 炳菁
石田 麻子
藤田 玲
関 詩珮
金 良守
書名ヨミ ヒガシアジア ガ ヨム ムラカミ ハルキ : トウキョウ ダイガク ブンガクブ チュウゴク ブンガクカ コクサイ キョウドウ ケンキュウ
書名別名 Higashiajia ga yomu murakami haruki
シリーズ名 Murakami Haruki study books 12
出版元 若草書房
刊行年月 2009.6
ページ数 367p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-904271-03-2
NCID BA90242088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21850018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想