天文学入門 : 星とは何か

中嶋浩一 著

星とはいったい何か。この問に対して現代天文学は、かなり明確な回答を与えることができる。本書では、恒星の構造やその一生について解説し、天文学の研究の方法や考え方にも触れる。星ははるか彼方にあり、手にとったり間近に行って調べることはできない。星の研究は観察することから始まり、その結果を整理して体系的に記述し、観察したデータに規則性・法則性を見いだしていく。本書で、星の成り立ちを知るとともに、星の観察方法やデータに表れる星の世界を見て行こう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代天文学と星座
  • 第2章 恒星の世界
  • 第3章 恒星界の多様性
  • 第4章 恒星界の規則性
  • 第5章 非恒星状天体のリスト、メシエカタログ
  • 第6章 星とは何か-恒星の内部構造理論
  • 第7章 星の一生1・星の誕生と成長の理論
  • 第8章 星の一生2・星の最期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天文学入門 : 星とは何か
著作者等 中嶋 浩一
書名ヨミ テンモンガク ニュウモン : ホシ トワ ナニカ
出版元 丸善
刊行年月 2009.5
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08116-7
NCID BA90229454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21610327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想