今日の宗教の諸相

チャールズ・テイラー 著 ; 伊藤邦武, 佐々木崇, 三宅岳史 訳

現代の宗教に映し出されている、さまよう孤独な魂のゆくえを追って。国家をはじめとする共同体を離れ、また価値の規範を見失った「新しい個人主義」の時代はどこに向かうのか。一世紀をさかのぼるウィリアム・ジェイムズの宗教経験の探究が、今日もなお先見性を失っていないことを確認しつつ、その「宗教科学」が捉えた精神の現実に見合う、共同性の次元のダイナミックな変容に表現を与えようとする。大衆消費社会とIT革命に後押しされた、個人主義的で表現主義的な宗教現象から、私たちは明日の世界に向けたどのようなメッセージを読み取るべきなのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジェイムズの『宗教的経験の諸相』
  • 第2章 「二度生まれ」
  • 第3章 今日の宗教
  • 第4章 ジェイムズは正しかったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今日の宗教の諸相
著作者等 Taylor, Charles
三宅 岳史
伊藤 邦武
佐々木 崇
テイラー チャールズ
書名ヨミ コンニチ ノ シュウキョウ ノ ショソウ
書名別名 Varieties of religion today
シリーズ名 宗教的経験の諸相
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.5
ページ数 133p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022570-0
NCID BA90216703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21608859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想