廟墓ラントウと現世浄土の思想 : 中近世移行期の墓制と先祖祭祀

水谷類 著

幻の中世墓制"ラントウ"と、弥勒兜率天浄土の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 廟墓研究の現状と課題(人神祭祀-もうひとつの『先祖の話』
  • 「廟墓」という視点
  • 豊国社と霊廟 ほか)
  • 第1章 廟墓の世紀(下総東部のミヤボトケ
  • 北関東の石造ラントウ"石堂"
  • 近世廟墓としての石造ラントウ-埼玉県鴻巣市勝願寺の牧野家廟墓)
  • 第2章 四十九院の成立と展開(葬と墓
  • 四十九院の諸相と中世的墓制
  • 四十九院を設える事例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 廟墓ラントウと現世浄土の思想 : 中近世移行期の墓制と先祖祭祀
著作者等 水谷 類
書名ヨミ ビョウボ ラントウ ト ゲンセ ジョウド ノ シソウ : チュウキンセイ イコウキ ノ ボセイ ト センゾ サイシ
書名別名 Byobo ranto to gense jodo no shiso
出版元 雄山閣
刊行年月 2009.6
ページ数 226p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-639-02089-9
NCID BA90203053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21704563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想