茶文化史にそった中国茶碗の考古学

水上和則 著

紀元七世紀から一四世紀末までの中国喫茶風習の変遷を追い、中国考古学の出土資料から分かる茶碗について書かれた、中国茶碗の考古学の本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 茶文化史にそった中国茶碗の考古学
  • 第1章 遣唐使の見た中国の茶
  • 第2章 中国茶のバイブル『茶経』
  • 第3章 白居易邸宅跡出土の白瓷
  • 第4章 『茶経』に記された甌
  • 第5章 法門寺出土の秘色瓷と茶具
  • 第6章 秘色瓷を生産した窯
  • 第7章 宋代における喫茶の流行と名窯
  • 第8章 遼・金代壁画墓にみる喫茶風習
  • 第9章 進〓(さん)・供御の器
  • 第10章 宮廷専用茶園の北苑遺址と出土品
  • 第11章 海揚がりの貿易陶瓷
  • 第12章 茶の湯と茶碗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶文化史にそった中国茶碗の考古学
著作者等 水上 和則
書名ヨミ チャ ブンカシ ニ ソッタ チュウゴク チャワン ノ コウコガク
書名別名 Cha bunkashi ni sotta chugoku chawan no kokogaku
出版元 勉誠
刊行年月 2009.5
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-585-03235-9
NCID BA90200408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想