被告人の事情/弁護人の主張 : 裁判員になるあなたへ

村井敏邦, 後藤貞人 編

ついにはじまった裁判員制度。ニュースのなかの「悪い人」が目の前に。法廷では、彼/彼女の運命があなたの意見で決まるのです。メディアが語るイメージを捨て、その「人」に目を向け、弁護人の主張に耳を傾けてみませんか。これまでの刑事裁判の見方をかえる一冊がここに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 刑事裁判の本質と刑事弁護(事件数から考える(強盗致傷罪-これでも強盗致傷?
  • 殺人罪-大人しい彼に殺意が芽生えるとき ほか)
  • 論点から考える(死刑事件-生命(いのち)の重み
  • 量刑問題-罪の重さを決める ほか))
  • 裁判員時代の刑事弁護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被告人の事情/弁護人の主張 : 裁判員になるあなたへ
著作者等 後藤 貞人
村井 敏邦
書名ヨミ ヒコクニン ノ ジジョウ ベンゴニン ノ シュチョウ : サイバンイン ニ ナル アナタ エ
書名別名 Hikokunin no jijo bengonin no shucho
出版元 法律文化社
刊行年月 2009.5
ページ数 202p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03175-4
NCID BA90183874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21612106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想