嫌悪施設の立地問題 : 環境リスクと公正性

籠義樹 著

環境リスクを伴う嫌悪施設の立地に際しては、「どの程度安全であれば十分か」についての合意形成が不可欠であり、その立地が公正であるとの認識が利害関係者間で共有されなければならない。本書は詳細な事例調査に基づき、社会的に合理的な立地のあり方について検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 嫌悪施設立地研究の目的
  • 第1章 嫌悪施設立地による受苦と公正性
  • 第2章 廃棄物処理施設立地の社会的影響
  • 第3章 環境リスクに関する合意形成
  • 第4章 立地選定のあり方
  • 終章 本書のまとめとして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嫌悪施設の立地問題 : 環境リスクと公正性
著作者等 籠 義樹
書名ヨミ ケンオ シセツ ノ リッチ モンダイ : カンキョウ リスク ト コウセイセイ
シリーズ名 麗澤大学経済学会叢書
出版元 麗澤大学出版会 : 廣池学園事業部
刊行年月 2009.5
ページ数 180p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89205-577-5
NCID BA90167878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21601777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想