ヨーロッパ史学史 : 探究の軌跡

佐藤真一 著

歴史的なものの考え方の特質とは何か。歴史学とはいかなる学問か。古代ギリシアから現代のアナール学派にいたる歴史叙述の歴史を個々の歴史家とその著作に即して辿ることにより、ヨーロッパ史学史全体の見取り図を描こうとする意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代ギリシアの歴史叙述(歴史叙述の誕生-ヘロドトス
  • 批判的歴史叙述の追求-ツキディデス ほか)
  • 2 キリスト教の歴史観(「時の中心」と救済史-ルカ
  • 「神の国」と「地の国」-アウグスティヌス)
  • 3 近代歴史学の形成(現実政治と歴史叙述の世俗化-マキァヴェッリ
  • 宗派時代の教会史叙述-フラキウスとバロニウス ほか)
  • 4 第一次世界大戦後の歴史学(第一次世界大戦と国家理性の行方-マイネッケ
  • アナール学派と「心性史」-マルク・ブロック)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ史学史 : 探究の軌跡
著作者等 佐藤 真一
書名ヨミ ヨーロッパ シガクシ : タンキュウ ノ キセキ
出版元 知泉書館
刊行年月 2009.5
ページ数 313, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-059-1
NCID BA90160584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21668411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想