希望学  3

東大社研;玄田 有史;中村 尚史【編】

[目次]

  • 第1部 希望をつなぐ-地域社会(地域住民のトラブル経験と相談・支援のネットワーク
  • 地方政治と議会内会派-多様な利益をつなぐ政治主体
  • 誰が釜石市を「つくる」のか-地域生活応援システムと住民活動
  • スポーツによる地域再生の可能性-釜石におけるラグビーへの期待と現実)
  • 第2部 希望にむかって-市民の動向(同窓会調査の概要とその重要性
  • 釜石市出身者の地域移動とライフコース-釜石を離れる・釜石に戻る
  • 地域からの転出と「Uターン」の背景-誰がいつ戻るのか
  • 釜石の女性を取り巻く現状と課題
  • 釜石出身者の誇りと希望を考える
  • 地域の希望希望を考える-希望学釜石調査座談会の記録)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望学
著作者等 中村 尚史
東京大学社会科学研究所
玄田 有史
東大社研
書名ヨミ キボウガク
書名別名 希望をつなぐ : 釜石からみた地域社会の未来
巻冊次 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.6
ページ数 341, 23p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-034193-6
NCID BA9015839X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21723373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想