金融革新と市場危機

藤井眞理子 著

1987年のブラックマンデー、97〜98年日本の金融崩壊と米LTCMの破綻、そして2007〜08年米国発の世界金融不安。繰り返されるマーケットのブームとパニックに金融技術革新はどのような役割を演じたのかを徹底検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サブプライムローン証券化の蹉跌
  • 第2章 危機が繰り返される理由
  • 第3章 金融における技術革新の意義と役割
  • 第4章 市場と技術革新-証券化とリスク管理の課題
  • 第5章 ブラックマンデーとLTCMの破綻
  • 第6章 日本における不良債権問題の結末
  • 第7章 米国発の金融危機と規制の見直し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融革新と市場危機
著作者等 藤井 眞理子
書名ヨミ キンユウ カクシン ト シジョウ キキ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2009.5
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35362-9
NCID BA90132308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21600097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想