合本日本伝統音楽の研究

小泉文夫 著

「体験としての音楽」という視点から、私たちの足もとの文化を見つめなおした…画期的研究、待望の復刊。復刊にあたり、『日本傳統音楽の研究(1)民謡研究の方法と音階の基本構造』と『日本伝統音楽の研究(2)リズム』を合本とし、解題(金城厚)を付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方法論の序説(対象の範囲
  • 認識のし方(メルスマンの美学に対する批判)
  • 体験としての音楽
  • 民族性と音楽)
  • 第2章 民謡の研究方法(欧米における民謡研究の概観
  • 日本における研究
  • 民謡の概念
  • 民謡の実態-一般的性格
  • 研究対象としての民謡
  • 唄の採集
  • 補助的記録
  • 採譜についての問題
  • 採譜の実際と記譜法の試み
  • 比較観察の意味
  • 比較観察の方法
  • 分類
  • 2つの様式
  • 共同社会の歴史的変遷)
  • 第3章 比較音楽的方法による-音階の研究(旋律中の音程関係
  • わらべ唄と民謡の終止音
  • 核音
  • 核音の比較音楽的意味
  • 核音による旋律構造の種類
  • 基本的4度構造
  • 基本的4度構造のつづき
  • 4度構造の比較音楽的意身
  • テトラコルドの分類
  • テトラコルドの積み重ね)
  • 第4章 音階についての諸問題(5音音階と7音音階(日本の雅楽における五声と七声)
  • 全音的(無半音の)5音音階
  • 半音的5音音階
  • 中国の民謡とその音階
  • 朝鮮の民謡とその音階
  • インドネシアの音階に関数r覚え書き)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 合本日本伝統音楽の研究
著作者等 小島 美子
小柴 はるみ
小泉 文夫
書名ヨミ ガッポン ニホン デントウ オンガク ノ ケンキュウ
出版元 音楽之友社
刊行年月 2009.6
版表示 復刊
ページ数 545p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-276-13312-9
NCID BA90112388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21644992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想