東京大学ビジネスローセンター公開講座 : ビジネスローの新たな動向

中山信弘, 中里実 編

民法債権法改正の検討、裁判員制度の導入、著作権法の改正、消費税法の経緯等、重要政策課題のヒントを超一流の講師が学生・一般向けに公開講演会で解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • JAL・JASの事業統合と独禁法
  • クリエイティブ・コモンズ
  • 公益通報者保護制度の論点
  • コーポレート・ガバナンスと雇用・労働関係-比較労働法の視点からみた日本型ステークホルダー・モデルの特徴と課題
  • 営業秘密の刑事罰による保護
  • 平成一七年改正独禁法の論点から
  • いまなぜ「債権法改正」か?
  • 倒産処理手続と担保権-集合債権譲渡担保を中心として
  • 不動産証券化ビジネスにおける金融商品取引法に関連する留意点-いわゆるGK-TKスキームに関連する業者規制を中心に
  • 消費税の誕生とその後の推移
  • 変化する日本社会と法-裁判員制度の開始に寄せて
  • 知的財産法研究の回顧と将来への課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京大学ビジネスローセンター公開講座 : ビジネスローの新たな動向
著作者等 中山 信弘
中里 実
書名ヨミ トウキョウ ダイガク ビジネス ロー センター コウカイ コウザ : ビジネス ロー ノ アラタナ ドウコウ
書名別名 Tokyo daigaku bijinesu ro senta kokai koza
出版元 商事法務
刊行年月 2009.5
ページ数 377p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1650-9
NCID BA90088829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想