制裁論

佐伯仁志 著

制裁制度を、刑事制裁、行政制裁、民事制裁(損害賠償)などの法分野の垣根を越えて総合的に検討。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新たな制裁制度のあり方(わが国の行政制裁体系
  • 規制緩和と刑事法の役割 ほか)
  • 第2章 理論的課題(二重処罰の禁止について
  • 二重処罰の禁止と罪刑均衡の原則 ほか)
  • 第3章 民事と刑事の交錯(刑罰としての損害賠償
  • 犯罪被害者への被害回復支援について ほか)
  • 第4章 経済犯罪に対する制裁(経済犯罪に対する制裁のあり方について
  • アメリカ合衆国の経済犯罪における重罰化の動向)
  • 第5章 医療過誤に対する制裁(医療過誤に対する法的対応のあり方について
  • 医療安全に関する刑事司法の現状)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 制裁論
著作者等 佐伯 仁志
書名ヨミ セイサイロン
書名別名 Theory of sanctions
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.5
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-04265-0
NCID BA90087087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21610809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想