縄文時代の考古学  3

小杉康, 谷口康浩, 西田泰民, 水ノ江和同, 矢野健一 編

新進の研究者を結集して過去・現在の研究成果を検証し、将来的展望をみすえつつ縄文研究の新地平を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(縄文時代の古生態系)
  • 2 気候と海進・海退(海水準変動と気候、海進・海退)
  • 3 人と大地の関わりあい(ハイドロアイソスタシーと遺跡群
  • 平野の形成史と遺跡群
  • 火山噴火と遺跡群1-島根県三瓶火山の噴出物によって埋没した遺跡群
  • 火山噴火と遺跡群2-火山とともに生きた人びと)
  • 4 人と植物の関わりあい(縄文時代の植生史
  • 花粉化石と古生態
  • 木材・種実遺体と古生態
  • 植物珪酸体と古生態
  • 昆虫と古生態
  • 微小陸産貝類が示す古環境)
  • 5 植物の食利用(野生食用植物
  • クリ
  • 雑穀
  • 土器圧痕にみる栽培植物
  • イネ(遺存体、プラント・オパール分析)
  • イネ(DNA分析)
  • エゴマの栽培と利用法
  • 外来植物をめぐる諸問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文時代の考古学
著作者等 小杉 康
水ノ江 和同
矢野 健一
西田 泰民
谷口 康浩
書名ヨミ ジョウモン ジダイ ノ コウコガク
書名別名 大地と森の中で : 縄文時代の古生態系

Jomon jidai no kokogaku
巻冊次 3
出版元 同成社
刊行年月 2009.5
ページ数 219p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88621-453-9
NCID BA90079384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21609039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想