歴史学

佐藤卓己 著

情報化、グローバル化が加速するメディア社会。公議輿論の足場として、歴史的教養の重要性はますます高まっている。しかし、こうした現実の課題に対して、「大きな物語」が失われたあと、これまでの歴史学は充分に応えてきただろうか。公共性の歴史学という視点から、理性的な討議を可能にする枠組みとして二一世紀歴史学を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史学ゼミナールの誕生-歴史学はどのように生れたのか(教訓的歴史から歴史研究へ
  • 大学の歴史学 ほか)
  • 2 接眼レンズを替えて見る-歴史学を学ぶ意味とは何か(社会史が輝いていた頃
  • 世界システムとメディア史 ほか)
  • 3 歴史学の公共性-歴史学は社会の役に立つのか(趣味の歴史と大衆の趣味
  • 国民大衆雑誌の公共性 ほか)
  • 4 メディア史が抱え込む未来-歴史学の未来はどうなるのか(メディア史の発展段階論
  • 進歩史観と情報様式 ほか)
  • 5 歴史学を学ぶために何を読むべきか(「読む歴史」のために
  • 「書く歴史」のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史学
著作者等 佐藤 卓己
書名ヨミ レキシガク
シリーズ名 ヒューマニティーズ
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.5
ページ数 141p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028322-9
NCID BA90074449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21612449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想