戦後教育のジェンダー秩序

小山静子 著

「男女に等しく開かれた」教育制度に内在するジェンダーの二重構造とはなにか。戦後日本の教育をジェンダーの視点から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男女共学の実施(女子教育政策としての男女共学
  • ジェンダー観の継承 ほか)
  • 第2章 男女共学の見直し論議(男女共学の状況
  • 風紀問題という視点 ほか)
  • 第3章 短期大学の女子教育機関化(短期大学の誕生
  • 二つの短期大学 ほか)
  • 第4章 女子学生批判が意味したもの(四年制大学に通う女性たち
  • 女子大学無用論 ほか)
  • 第5章 「家庭づくり」をめぐる政策(家族への関心
  • 「家庭づくり」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後教育のジェンダー秩序
著作者等 小山 静子
書名ヨミ センゴ キョウイク ノ ジェンダー チツジョ
書名別名 Sengo kyoiku no jenda chitsujo
出版元 勁草書房
刊行年月 2009.5
ページ数 251, 21p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65341-6
NCID BA90073810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21606048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想