トヨタ・ストラテジー : 危機の経営

佐藤正明 著

泥沼の労働争議、創業者の急死、銀行の見放し、公害批判、石油危機、円高、日米貿易摩擦、小糸製作所買い占め…。トヨタの歴史は実は危機の連続だった。問題論文「豊田章男体制の課題」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 危機が成長を用意する
  • 今なお生き続ける豊田綱領
  • 創業者の意気込みと挫折
  • フォードはトヨタの先生だった
  • トヨタ生産方式の原点
  • 豊田家から預かった会社
  • 初代、二代目社長の相次ぐ死
  • 自主開発というケモノ道を選ぶ
  • 「クラウン」の開発に着手
  • トヨタの敵はトヨタ
  • 乗用車専用工場建設
  • 対米輸出始動
  • 庶民に手が届く車を
  • 自分の城は自分で守れ
  • 「カローラ」がモータリーゼーションを起こす
  • 業界再編劇の勝利者
  • 暗黙知の原点は労使協調
  • 排ガス規制に苦しむ
  • 石油ショックが明暗を分ける
  • 国際小型車戦争の勝者
  • 提携先はフォードかGMか
  • トヨタ生産方式を米国に根付かせる
  • バブルに浮かれず
  • グリーンメーラーと直接対決
  • ブッシュ、クリントン政権の圧力
  • 抜擢してチャンスを与える
  • 奥田碩、世界一を狙っていた男
  • 究極の高級車を創る-レクサス
  • プリウスという切り札
  • あえて世界的再編の外に身をおく
  • GMを射程に入れる
  • 世界最強の自動車メーカーとは
  • 海図なき航海
  • 豊田章男体制の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トヨタ・ストラテジー : 危機の経営
著作者等 佐藤 正明
書名ヨミ トヨタ ストラテジー : キキ ノ ケイエイ
書名別名 The Toyota strategy
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.4
ページ数 461p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-371340-3
NCID BA90071054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21582557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想