清朝とは何か

岡田英弘 編

支配層であった満洲人の満洲語、そしてモンゴル語、漢語の三言語を公用語とした「大清」。独自の「八旗」制度などの統治システムで広大な国土を領した大清帝国(1636〜1912)の全体像を、チベット、ロシア、ヨーロッパはじめユーラシア全土との関わりの中で明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 清朝とは何か(大清帝国にいたる中国史概説-十三世紀に成立したモンゴル帝国から、大清帝国への流れをたどる
  • 世界史のなかの大清帝国-世界史はモンゴル帝国から始まった
  • マンジュ国から大清帝国へ(その勃興と展開)-満洲の地域国家からユーラシア東方の世界帝国への歩み ほか)
  • 2 清朝の支配体制(大清帝国の支配構造(マンジュ(満洲)王朝としての)-八旗制度を中核とする帝国統治のシステムをさぐる
  • 「民族」の視点からみた大清帝国(清朝の帝国統治と蒙古・漢軍の旗人)-「多民族」混合の政権としての清朝の特徴とは?
  • 大清帝国とジューンガル帝国-清朝が滅ぼした、モンゴル系遊牧民最後の帝国ジューンガルとは? ほか)
  • 3 支配体制の外側から見た清朝(「近世化」論と清朝-十六〜十七世紀の世界諸地域での「近世化」における清朝の位置は?
  • 江戸時代知識人が理解した清朝-輸入漢籍を通して江戸時代の日本人が考えた清朝とは?
  • 琉球から見た清朝(明清交替、三藩の乱、そして太平天国の乱)-明から清への交替期、琉球王国はどのように対応したか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清朝とは何か
著作者等 宮脇 淳子
岡田 英弘
書名ヨミ シンチョウ トワ ナニカ
シリーズ名 別冊『環』 16
出版元 藤原書店
刊行年月 2009.5
ページ数 335p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-89434-682-6
NCID BA90069325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21611692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想