自傷の文化精神医学

アルマンド・R.ファヴァッツァ 著 ; 松本俊彦 監訳 ; 門本泉 [ほか]訳

リストカットなどの自傷行為の増加、あるいは、タトゥやボディピアッシングの世界的な流行にみられるように、自らの身体を傷つけ変形させることは、いまや広くみられる行動である。その一方で、それらは、重大な心理的苦痛や精神疾患の徴候という側面があることも事実であり、その全体像はいまだに十分に解き明かされていない。本書は、自傷行為の臨床と研究を志す者にとって避けて通ることのできない、現代の古典である。本書において著者は、「自らの身体を傷つけ、変形させる」という現象を、膨大な資料と症例を用い、歴史、民族、文化、そして生物学・精神医学という多次元的視点から、徹底的に検討している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 身体を傷つける行為をめぐる信念、宗教、食行動、動物行動学(身体を傷つける行為をめぐる信念、態度、慣習、イメージ
  • 創世神話、シャーマニズム、宗教における自傷行為
  • 自傷行為、摂食障害、カニバリズム
  • 動物にみられる自傷行為)
  • 第2部 身体各部の自傷行為:比較文化論的視点と臨床精神医学的視点から(頭部および頭部の各部
  • 四肢
  • 皮膚
  • 性器)
  • 第3部 自傷行為の鑑別診断と治療(自傷行為の理解:文化的に是認された自傷と病的な自傷
  • 生物学的および心理社会的知見
  • 治療)
  • ボディプレイ-神に選ばれし者の証か、それとも病的な現象か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自傷の文化精神医学
著作者等 Favazza, Armando R
勝又 陽太郎
小林 桜児
松本 俊彦
門本 泉
井筒 節
今村 扶美
和田 直樹
安藤 俊太郎
宮島 美穂
ファヴァッツァ アルマンド・R.
書名ヨミ ジショウ ノ ブンカ セイシン イガク : ホウイサレタ シンタイ
書名別名 Bodies under siege.2nd.ed

包囲された身体

Jisho no bunka seishin igaku
出版元 金剛
刊行年月 2009.5
ページ数 480p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1072-4
NCID BA90069176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想