のりたまと煙突

星野博美 著

すべてを忘れて、私たちは幸せに近づいたのだろうか…。吉祥寺と、戸越銀座。著者はさまざまな猫たちとの出会いと別れを経験し、生と死、そして忘れえぬ過去の記憶へと思いをめぐらせていく。さりげない日常からつむぎ出される短篇小説のようなエッセイのひとつひとつに、現代への警鐘と内省がにじむ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 木春菊
  • 第2章 梅
  • 第3章 桜
  • 第4章 百合
  • 第5章 萩
  • 第6章 芒
  • 第7章 彼岸花
  • 第8章 柳
  • 第9章 柊
  • 第10章 松
  • 第11章 雪柳
  • 第12章 躑躅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 のりたまと煙突
著作者等 星野 博美
書名ヨミ ノリタマ ト エントツ
書名別名 Noritama to entotsu
シリーズ名 文春文庫 ほ11-4
出版元 文藝春秋
刊行年月 2009.5
ページ数 372p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-775375-7
NCID BA90066600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想