食の文化を語る

石毛直道 著

食を新しい学問として開拓したパイオニアの四半世紀余にわたる論考を編む。既成の学問領域を超えた学際的・総合的食の研究成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ食の文化なのか
  • 1 風土をみつめる(日本の風土と食卓-アジアのなかで
  • 東アジアの食の文化
  • 発酵の文化圏
  • 東アジアの家族と食卓)
  • 2 食文化の変化を追う(異文化と食のシステム
  • 家庭の食卓風景一〇〇年
  • 家庭料理の一〇〇年
  • 飲みものの一〇〇年
  • 昭和の食-食の革命期
  • 都市化と食事文化
  • 外食の文化史序説
  • 食文化変容の文明論)
  • 3 食の思想を考える(調理の社会史的考察
  • 食における芸術性
  • 食事作法と食事様式
  • 食事における享楽と禁欲の思想
  • 栄養の思想
  • 食わず嫌い-悪食とタブー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食の文化を語る
著作者等 石毛 直道
書名ヨミ ショク ノ ブンカ オ カタル
出版元 ドメス
刊行年月 2009.4
ページ数 418p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8107-0715-1
NCID BA90044991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21594018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想