刑事法学における現代的課題

只木誠 著

[目次]

  • 第1章 被害者の承諾と保護義務論
  • 第2章 予測的な遺伝子テストと法-とりわけ雇用と保険について
  • 第3章 着床前診断をめぐる諸問題-ドイツにおける理論状況
  • 第4章 「遺伝情報」及び「承諾」と「人間の尊厳」
  • 第5章 医師による自殺幇助の可罰性について-ドイツの理論状況の紹介
  • 第6章 インターネットと名誉毀損
  • 第7章 サイバー犯罪と犯罪地
  • 第8章 営業秘密の侵害-日・独(新)不正競争防止法の紹介

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑事法学における現代的課題
著作者等 只木 誠
書名ヨミ ケイジ ホウガク ニ オケル ゲンダイテキ カダイ
書名別名 Keiji hogaku ni okeru gendaiteki kadai
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 77
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2009.5
ページ数 213p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-0576-6
NCID BA90039266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想