世界経済はこう変わる

神谷秀樹, 小幡績 著

二〇〇九年五月、世界経済の失速が止まらない。金融システムの崩壊、実質経済の収縮、基軸通貨存続の危機、理念のない巨額の財政支出-。今、何が本当に起こっているのか?何が失われようとしているのか?我々が将来のために、今、やるべきこととは?希望はどこに見出されるのか?ウォール街を知り尽くす銀行家と、新進気鋭の「行動派」経済学者が、金融恐慌の果てに、本当にあるべき社会と経済、国家の形について語り合う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 最悪のシナリオは実現するのか?(1930年代の世界恐慌よりもひどい状況
  • 借金ができないから消費もできない ほか)
  • 2 借金依存経済に終止符を(財政刺激策はやってはいけない
  • ケインズは曲解されている ほか)
  • 3 金融と経営の原点へ回帰せよ(失われたのはお金ではなくビジネスモデル
  • 消えてしまった「バンカー」 ほか)
  • 4 再生はどこからもたらされるか(日本は「デザイナー」不足
  • 日本人の作る新しい組織の形 ほか)
  • 5 生き残るための条件(日本人は世界標準で働けるか?
  • 日本人はアメリカ人より10歳幼い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界経済はこう変わる
著作者等 小幡 績
神谷 秀樹
書名ヨミ セカイ ケイザイ ワ コウ カワル
書名別名 Sekai keizai wa ko kawaru
シリーズ名 光文社新書 402
出版元 光文社
刊行年月 2009.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03505-1
NCID BA90034171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21598162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想