環境と差別のクリティーク : 屠場・「不法占拠」・部落差別

三浦耕吉郎 著

食肉センター建設反対運動から部落差別の調査は始まった。調査拒否に真摯に向き合いながら聞き取りを重ね、被差別の生活文化を掘り起こす。環境と差別の見えない絡まり合いをときほぐし、"構造的差別"を支える規範の正体に迫る"批判的ソシオグラフィ"の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 "見えないもの"を書く技法-批判的分析としてのソシオグラフィ
  • 第1章 "対話"としての環境調査
  • 第2章 屠場建設問題と環境表象の生成-環境の定義と規範化の力
  • 第3章 構造的差別と環境の言説のあいだ
  • 第4章 屠場にて-私のフィールドノートから
  • 第5章 牛を丸ごと活かす文化とBSE
  • 第6章 環境のヘゲモニーと構造的差別-大阪国際空港「不法占拠」問題の歴史にふれて
  • 第7章 被差別部落で聞く
  • 第8章 「よそ者」としての解放運動-湖北における朝野温知の運動の軌跡
  • 第9章 被差別部落への手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境と差別のクリティーク : 屠場・「不法占拠」・部落差別
著作者等 三浦 耕吉郎
書名ヨミ カンキョウ ト サベツ ノ クリティーク : トジョウ フホウ センキョ ブラク サベツ
書名別名 Kankyo to sabetsu no kuritiku
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第126編
出版元 新曜社
刊行年月 2009.4
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1149-1
NCID BA90031606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想