平安貴族社会

阿部猛 著

貴族の生活を支える経済基盤や国司制度の実態、菅原道真と天神信仰など、多彩な史料から貴族の政治的・社会的諸相を描き出す。付編として三善清行「意見十二箇條」の詳細な注解を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 貞観新制の基礎的考察
  • 事力考
  • 皇位をめぐる陰謀-平城天皇と薬子
  • 菅原道真と天満宮-神になった悲劇の文人貴族
  • 『北山抄』と藤原公任
  • 「光源氏」家の経済基盤
  • 平安貴族の虚像と実像
  • 十世紀の地方政治-いわゆる国司の非政
  • 国司の交替
  • 古代政治思想一斑
  • 貴族と武士
  • 平安貴族の諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安貴族社会
著作者等 阿部 猛
書名ヨミ ヘイアン キゾク シャカイ
シリーズ名 同成社古代史選書 4
出版元 同成社
刊行年月 2009.4
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-472-0
NCID BA90026945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21597437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想