希望学  2

東大社研;玄田 有史;中村 尚史【編】

かって希望は、焼け跡にまかれた種子のようなものだった。多くの人がその果実を味わうことができた。今は違う。希望の芽を育むためには、個人と社会、それぞれの戦略が必要だ。この本はそのための果敢な挑戦の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 釜石で希望を考える-希望学・釜石調査の概要
  • 第1部 希望の来歴-歴史(記憶の源流-釜石地域の近代史
  • 組織の希望-釜石製鉄所の過去と現在
  • 釜石市長としての鈴木東民-地域の福祉政治とローカル・アイデンティティ)
  • 第2部 希望の再生-地域振興(企業誘致と地場企業の自立-家族自営漁業における希望と自制
  • 地域経済活性化と第三次産業の振興
  • グリーン・ツーリズムが育てるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望学
著作者等 中村 圭介
中村 尚史
仁田 道夫
加瀬 和俊
大堀 研
宇野 重規
東京大学社会科学研究所
梅崎 修
橘川 武郎
玄田 有史
青木 宏之
東大社研
書名ヨミ キボウガク
書名別名 希望の再生 : 釜石の歴史と産業が語るもの
巻冊次 2
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.5
ページ数 315, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-034192-9
NCID BA90004501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21723371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想