マルクスの逆襲

三田誠広 著

かつてマルクスは、一つの世代を丸ごとかかえ込むほどのブームを巻き起こした。しかし、その後は過去の遺物と化し、社会主義国家もすでにほぼ崩壊している。だが今、資本主義もまた行き詰まりを迎え、日本でも格差が拡大し、社会のなかに自分を位置づけて生きがいを感じることが、難しくなってきている。マルクスが仕掛けた謎を考える意味は、むしろ高まってきているのだ。時代の熱狂を体験した作家が、現代日本の再生に向けて、マルクスの謎を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜマルクスなのか(マルクスは魅力的?
  • マルクスはイワシの頭?
  • マルクスは大貧民の味方?
  • マルクス主義はまちがっていた?)
  • 第1章 マルクスの時代背景(マルクスってどんな人?
  • マルクスの思想って何?
  • マルクス主義は科学的か?
  • 貧富の格差はどこから生じたか?
  • 人間にとって自由って何?
  • 大貧民はいかにして救われるか)
  • 第2章 日本のマルクス主義(日本共産党って何?
  • 過激派はどこから来たか?
  • 若者はなぜ過激になるのか?
  • 大学は何のためにあるの?
  • マルクスは殺人を容認する?
  • 赤軍派はなぜ一線を越えたのか?)
  • 第3章 マルクスは敗北したのか(挫折感って何?
  • もう一つの社会主義?
  • 日本はマルクス主義国家?日本的控訴経済成長の秘密?
  • いまや日本は大貧民国家?
  • 会社はコミュニティー?)
  • 終章 マルクスの逆襲(マルクスの夢の再現?
  • これからの日本をどうする?
  • 無国籍資本が世界を崩壊させる?
  • いまこそマルクスの出番?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスの逆襲
著作者等 三田 誠広
書名ヨミ マルクス ノ ギャクシュウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2009.5
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720494-0
NCID BA90002029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21599418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想