寺よ、変われ

高橋卓志 著

日本の寺は、いまや死にかけている。形骸化した葬儀・法事のあり方を改めるだけでなく、さまざまな「苦」を抱えて生きる人々を支える拠点となるべきではないか。「いのち」と向き合って幅広い社会活動や文化行事を重ね、地域の高齢者福祉の場づくりにも努めてきた僧侶が、その実践を語り、コンビニの倍、八万余もある寺の変革を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-世界は「苦」に満ちている
  • 第1章 寺は死にかけている
  • 第2章 なぜ仏教の危機なのか
  • 第3章 苦界放浪-いのちの現場へ
  • 第4章 寺よ、変われ
  • 第5章 葬儀が変われば、寺は変わる
  • エピローグ-寺が変われば社会は変わる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寺よ、変われ
著作者等 高橋 卓志
書名ヨミ テラ ヨ カワレ
書名別名 Tera yo kaware
シリーズ名 岩波新書 新赤版1188
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.5
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431188-1
NCID BA89994224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21609714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想