トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界 : ムーミントロールの誕生

冨原眞弓 著

1923年、フィンランドの首都ヘルシンキ。北欧神話に登場する冥府の番犬の名を戴く諷刺雑誌ガルムが創刊された。ヤンソンの知られざるカリカチュア画家としての活動と、激動の時代精神を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『ガルム』、吼える
  • シグネのヘルシンキ
  • ヴィクトルのあたらしい国
  • 禁酒と密造の日々
  • トロツキーの回転木馬
  • カレリアはだれのもの
  • ひとつの国、ふたつの言語
  • 世相を映すカリカチュア
  • 自家製のファシストたち
  • ノーベル狂想曲
  • 旅する画学生トーヴェ
  • カリカチュア修業の日々
  • ファシスト同盟
  • 内にも外にも憂いあり
  • 冬戦争、始まる
  • 戦争のなか、日常はつづく
  • そして戦争もつづく
  • 脇役から主役へ-ミントロールの変貌
  • 『ガルム』、息をひきとる
  • 『ガルム』のかなたへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界 : ムーミントロールの誕生
著作者等 富原 真弓
冨原 眞弓
書名ヨミ トーヴェ ヤンソン ト ガルム ノ セカイ : ムーミントロール ノ タンジョウ
書名別名 Tove yanson to garumu no sekai
出版元 青土社
刊行年月 2009.5
ページ数 460p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7917-6482-2
NCID BA89979490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21689098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想