史観宰相論

松本清張 著

大久保利通、伊藤博文、山県有朋、西園寺公望、原敬、近衛文麿、吉田茂といった近代日本の政治家たちは、国家の将来を左右する岐路に直面したときに、何を考えどういった判断をしたのか。そしてそれがどういった結果をもたらしたのか。彼ら偽政者たちの功罪を論じつつ宰相の資格と条件を模索する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史観宰相論
著作者等 松本 清張
書名ヨミ シカン サイショウロン
シリーズ名 ちくま文庫 ま35-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.5
ページ数 311p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42605-5
NCID BA89977972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想