裁判員制度と法心理学

岡田悦典, 藤田政博, 仲真紀子 編

市民の司法参加がどのような意味を司法制度にもたらすのか。法律家達にとってどのような影響を及ぼすのか。裁判員制度を議論するための新しい視点を提供。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 裁判員制度と法心理学 総論(新しい裁判員制度に向けて
  • 日本における陪審制度の歴史からみた裁判員制度 ほか)
  • 裁判所に来て選任されるまで(人々は裁判員制度をどのように考えているか-意識調査から見た裁判員制度の課題
  • 権威主義的パーソナリティと裁判員制度 ほか)
  • 公判段階(裁判員制度と法廷技術-その理念とあり方
  • 裁判員を法廷に迎えるために-日本弁護士連合会「法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム」の成立・検討過程 ほか)
  • 評議段階(裁判員法・刑事訴訟規則からみた裁判員制度における評議の制度的枠組みと法的・実務的問題点
  • 評議についての計量言語学的分析 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁判員制度と法心理学
著作者等 仲 真紀子
岡田 悦典
藤田 政博
書名ヨミ サイバンイン セイド ト ホウシンリガク
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2009.4
ページ数 244p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-324-08721-3
NCID BA89960812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21593153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想