ホモ・サピエンスの牢獄 : 人類の進化を哲学する

甲田純生 著

二足歩行、火の使用、埋葬、死の恐怖…進化のプロセスにおいて、人類は徐々に自然の束縛から解き放たれていく。だがそれは、新たな牢獄へと閉じ込められていくことなのだ。人類の進化の壮大な哲学的パノラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウィルスのような存在
  • 第2章 人類のはじまり
  • 第3章 埋葬のはじまり
  • 第4章 思想のはじまり
  • 第5章 ホモ・サピエンスの登場
  • 第6章 ホモ・サピエンスの牢獄
  • 第7章 「ホモ・サピエンスの牢獄」と格闘する思想-構造主義
  • 第8章 現代に出現した「牢獄」-オウム真理教事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホモ・サピエンスの牢獄 : 人類の進化を哲学する
著作者等 甲田 純生
書名ヨミ ホモ サピエンス ノ ロウゴク : ジンルイ ノ シンカ オ テツガクスル
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.5
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05452-7
NCID BA89946469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21592655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想