民俗の発見  4 (江戸・都市の中の異界)

内藤正敏 著

江戸に開花した落語や怪談、見世物など庶民文化の中に"異界"の構造を読み解き江戸から東京へ、前近代から近代へと貫流する都市の闇を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸の都市伝説-三河島の耳無不動伝説と山東京伝
  • 三遊亭円朝の怪談に隠された"王権と幽霊"の物語-「怪談乳房榎」と「怪談牡丹灯篭」
  • 落語の「悪」から浮かび上る江戸の都市構造
  • 見世物-歌舞伎の源流
  • 戸隠山の鬼-都市の異界と山の異界
  • 都市の盛り場-江戸から東京へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗の発見
著作者等 内藤 正敏
書名ヨミ ミンゾク ノ ハッケン
書名別名 江戸・都市の中の異界

Minzoku no hakken
巻冊次 4 (江戸・都市の中の異界)
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2009.4
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-27044-4
NCID BA89913324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21606044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想