マルクス『資本論』入門

6つのレクチャーで学ぶ『資本論』とマルクス主義のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『資本論』はどのような書物なのか(伊藤誠)
  • 2 恐慌はなぜおこるのか(長原豊)
  • 3 現代によみがえる『資本論』(萱野稔人)
  • 4 マルクス主義は世界をどう変えようとしてきたのか(白井聡)
  • 5 現代思想としてのマルクス主義-二十世紀からネグリまで(田崎英明)
  • 6 マルクスとともに何を考えるべきか(大川正彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス『資本論』入門
著作者等 伊藤 誠
大川 正彦
田崎 英明
白井 聡
的場 昭弘
萱野 稔人
長原 豊
川村 哲也
書名ヨミ マルクス シホンロン ニュウモン : キキ ノ シホン シュギ オ コエル タメニ
書名別名 危機の資本主義を超えるために
シリーズ名 資本論
Kawade道の手帖
出版元 河出書房新社
刊行年月 2009.4
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-74027-0
NCID BA89907194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21675655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想