貧困化するホワイトカラー

森岡孝二 著

二〇〇八年から始まる恐慌のあおりを受けて、派遣社員の大量解雇など、雇用情勢は非常に悪化している。もはやホワイトカラーが勝ち組であるといった風潮は存在しない。非正規化、過重労働、成果主義といった圧力が重くのしかかり、ついには死に至ることもある。そのような日本のホワイトカラーの働き方・働かせ方に切り込み、その困難の背景と原因を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 恐慌が壊れた雇用を直撃する
  • 第1章 悲しき中流階級-ホワイトカラーの原像
  • 第2章 しぼられるホワイトカラー
  • 第3章 このままでは仕事に殺される
  • 第4章 雇用差別に屈しない
  • 第5章 阻止されたホワイトカラー・エグゼンプション
  • 終章 市場個人主義を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧困化するホワイトカラー
著作者等 森岡 孝二
書名ヨミ ヒンコンカスル ホワイト カラー
シリーズ名 ちくま新書 781
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.5
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06489-9
NCID BA89883289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21623472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想