雨月物語の世界 : 上田秋成の怪異の正体

井上泰至 著

『雨月物語』の9編の小説は、怪異・伝奇・歴史・翻案小説といった、いくつもの「顔」をもつ。これらは「死」が身近であった中世という時代枠で描かれているが、一見無関係に見える9編には上田秋成の生への不安や生い立ちからくるトラウマが色濃く映し出されている。さらに怪異の美をかたちづくる暗号や語り口が、中国や日本の多くの古典をふまえて構築されていることを解明。秋成の妖美な小説世界の全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「生」の不安-怪談とその小説が生まれる基盤
  • 第2章 幻術の文法-怪異表現の視覚と聴覚
  • 第3章 文人作家の誕生-秋成の前半生
  • 第4章 すれちがう主人公たち-作者秋成のトラウマ
  • 第5章 仕掛けられた暗号-歌語・謡曲・俳諧
  • 第6章 もどきの語り口-擬態と再生
  • 第7章 秋成の軌跡-その後半生
  • 第8章 廃墟と音-怪異の美の本質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨月物語の世界 : 上田秋成の怪異の正体
著作者等 井上 泰至
書名ヨミ ウゲツ モノガタリ ノ セカイ : ウエダ アキナリ ノ カイイ ノ ショウタイ
シリーズ名 雨月物語 444
角川選書 444
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2009.5
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703444-0
NCID BA89872169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21595524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想